【会の歩み】

任意団体からNPO法人へ

 

平成19(2007)年

3月  佐倉市民カレッジOB(12名)を中心に、佐倉の歴史遺産のガイドを行う目的で、任意団体「佐倉歴史案内人の会」を結成。

 

平成20(2008)年

月  旧城下町新町の中心にある古民家「旧駿河屋」を事務所として借り受け、活動を開始。

 

6月  「公益信託佐倉街づくり文化振興臼井基金」の助成金(100万円)で土蔵修理。

 

9月   団体名を「佐倉一里塚」に改称し、千葉県に法人化を申請

 

12月  特定非営利活動法人(NPO法人)「佐倉一里塚」認証。 

      「佐倉新町おはやし館指定管理者として決定。

 

平成21(2009)年

4月 5年間の「佐倉新町おはやし館」の管理スタート。

     ガイドブック「城下町佐倉歴史街道の旅」発刊。

 

 10月 「公益信託佐倉街づくり文化振興臼井基金」の助成金で、「旧駿河屋」の母屋部分の

    整備と庭に東屋を構築。

 

平成23(2011)年

9月 冊子「土井利勝」発刊。

 

11月 「佐倉順天堂見にミニガイド」を発刊。

 

委託平成26 (2014)年

1~3月  「着物 de 城下町佐倉発信事業

      (千葉県緊急雇用創出事業等臨時特例基金

      事業の委託)を実施。

 

「新町{暮らシック}Carまちなか博物館2014」での着付けサービス
「新町{暮らシック}Carまちなか博物館2014」での着付けサービス

 平成30(2018)年

 

3月 平成29年度の依頼ガイドは、依頼団体52団体・ガイド人数1585名と、過去最高を記録。

 

7月 「旧駿河屋」売却(佐倉市が購入)に伴い、佐倉一里塚の事務所を、同じ新町に所在する「おもてなしラボ」内に移転。